2019/11/2(SAT)
AOMORI CLUB JAZZ NIGHT Vol.5

bohemianvoodoo 
ボヘミアンブードゥー
MOMENTSモーメンツRelease Tour in AOMORI

ご来場、誠にありがとうございました!!

お知らせ

2019/11/3

ご来場誠にありがとうございました。

SNAP写真掲載 Photo by Orumi

dsc_6623.jpg dsc_6605.jpg dsc_6755.jpg dsc_6546.jpg dsc_6587.jpg dsc_6311.jpg dsc_6410.jpg dsc_6498.jpg dsc_6490.jpg dsc_6358.jpg dsc_6350.jpg dsc_6364.jpg dsc_6875.jpg dsc_6517.jpg dsc_6885.jpg dsc_6570.jpg dsc_6274.jpg dsc_6906.jpg img_8211.jpg

AOMORI CLUB JAZZ NIGHT について

音楽を通じて...縁のあった出会いから生まれた音楽イベント

2008年だったか2009年くらいだろうか...
当時の話。

青森でCLUBイベントを企画していつも通りワイワイしてた。
ちょうど、企画したCLUBイベントはお盆の真っ最中でもあり
青森に帰省していた若者が多く集まってくれました。
その中に ボヘのPiano 木村イオリとの出会いでした。
自分のDJが終わりカウンターへお酒を頼みに行ったタイミングで
イオリから話かけて来てくれた。

「DJの選曲めちゃカッコ良かったです!」

女の子に言われるのももちろん嬉しいが今回は男の子だ。
CLUBイベント会場で 男の子に 言われると何かと意味シゲな感覚である・・笑
木村イオリ
「自分青森出身でJAZZバンドやってます!是非 自分の音源聞いてください!」
となにげなくもらったCDが1st Mini Album 「bohemianbazaar」
でした。

自宅に帰り 早速視聴。

めちゃめちゃカッコ良いじゃん!

このJAZZバンド これからめちゃ流行るんじゃね!?
生でLIVEを聴きたい!
って思った。


これが音楽を通じての出会いでした。


2010年になり 彼らを青森に呼び AOMORI CLUB JAZZ NIGHT Vol.1を
今は無き 青森サンシャインにて開催。
そこからが彼らとの付き合いが始まり・・

Vol.2

Vol.3

Vol.4


2019年になり 今回の開催でVol.5になります。

フライヤー

アーティスト紹介

bohemianvoodoo bashiryg, 木村イオリ(p,key, Nassyb, 山本拓矢(ds 2008年結成。東京・神奈川を中心にライブ活動を開始する。 201212月、新鋭レーベルPlaywrightより、2ndアルバム『SCENES』をリリース。 2013年、ドラムスが井上孝利から山本拓矢に交代。新たなメンバーで活動を続ける。 20141月、ブルーノート東京初出演11月、待望の3rdアルバム『Aromatic』をリリース。 20159月、東京JAZZフェスティバル出演。 20176月、ライヴベスト&DVDechoes』リリース12月、ブルーノート東京でのワンマンライブは初開催にして、即ソールドアウト。 20182月、JAZZ JAPAN誌が主催する、NISSAN PRESENTS JAZZJAPAN AWARD 2017 において『echoes』が、アルバム・オブ・ザ・イヤー〜ニュー・ジャズ部門を受賞。4月、初の海外公演となる、Singapore International Festival of Arts 2018に出演。 代表曲”Adria Blue”のMVyoutube公式チャンネルにおいて視聴回数300万回を超え(20191月現在)、今もなお伸び続けている。ポップでメロディアス、ドラマチックな展開と爽快なドライブ感。楽曲から様々な風景がイメージされる、メロディアス・インストバンドは、2018年に結成10周年をむかえ、音楽シーンにおいて、さらに勢いを増して活動中。

 

 

 横浜出身、アフガニスタン人と日本人とのミックス。ファミコンのやり過ぎから目を手術。目にやさしい遊びがきっかけでギターを手にし、高校生の頃にcharを聞いてギターに没頭、20歳の時にWes Montgomeryをきっかけにジャズに目覚める。ジャンルを問わない卓越したメロディーセンスとギターテクニックで、ギタリストとしての活動範囲を超えた活躍で音楽活動を続けている。また様々なジャンルのアーティストへの楽曲提供やレコーディング等も行っている。長葱とカレーが好物。2011年より、ラッパー/シンガーのCello a.k.a Massanとのアコースティックユニット「Massan × Bashiry (マッサンバシリー)」のギタリストとしても活躍中。2014年6月 1st album 「Timely」をHappines Recordsよりリリース。
 

 

 

 青森県出身の作曲家/編曲家/演奏家。幼少の頃より、C・ドビュッシーやビル・エヴァンスに影響を受けながら、ピアノと作曲を学ぶ。 伊藤志宏にジャズの手ほどきを受け、大学在学中より横浜のジャズバーを中心に演奏活動を開始する。2008年、横浜発のクロスオーバー・インストゥルメンタルバンド、bohemianvoodooを結成。 2012年12月、bohemianvoodooの2ndアルバム"SCENES"をPlaywrightレーベルよりリリース。 2014年9月、初のピアノトリオ作品となる“HELIX / PRIMITIVE ART ORCHESTRA”をPlaywrightレーベルよりリリース。 2014年11月、bohemianvoodooの3rdアルバム"Aromatic"をPlaywrightレーベルよりリリース。 第14回 東京JAZZ にPRIMITIVE ART ORCHESTRA, bohemianvoodooで出演決定。
 

 

 

 高校時代、友人の誘いでベースを始め、ブラックミュージックに目覚める。 DonnyHathawayの”LIVE”に強い衝撃を受け、都内のレコードショップ各所へ繰り出しその食指を広げる。大学在学中はラテン音楽愛好会に所属。ベース上達の為、ギターやパーカッション等のラテンミュージックのアレンジを徹底的に学ぶ。
現在はbohemianvoodooでエレキベース、ウッドベースを使い、バンドの音楽性に奥行きと動きを与えている。
ベースを弾く際のモットーは、“メロディーがより際立つようなフレーズを”
 

 

 

 1987年生まれ。埼玉県出身。伊達藩の鞨鼓奏者をルーツにもつ。
音色とニュアンスで彩る“マルチ・ドラマー”(Rhythm & Drums magazine誌より)
 

 

Music

bohemianvoodoo "石の教会" 【Music Video】

bohemianvoodoo "Adria Blue" 【Music Video】

bohemianvoodoo "Golden Forest" 【Music Video】

bohemianvoodoo "Adria Blue" 【Live at Club eX】

チケット情報

当日入場券

入場料 4000円 当日会場入り口にてお支払いください。

WEB予約

入場料 3000円 ホームページ内お問い合わせフォームより予約お願いします

アクセス

交通案内

 住所:青森県青森市新町1-12-8
 場所:旬の食材と創作料理の店 - 酒肴十喜 2F特設会場

LinkIcon公式ホームページ